企業は何故フランチャイズに加盟するのか?

このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

2020年 5月 30日 (土) ニュース&プレスリリース by nobu

企業がフランチャイズに加盟する理由

 

私たちは30年前の1990年には、中小企業の新規事業としてフランチャイズを活用して全くの異業種分野に一気に進出することの有効性を提案してきた。

中小企業がフランチャイズ加盟するのは、至極当然のこととして接してきた。

しかし、2000年以降にフランチャイズの本場アメリカのフランチャイズ本部に接すると、「え?企業がフランチャイズ加盟??」と驚かれた。

アメリカにおいてフランチャイズ加盟は脱サラ個人が加盟するものという歴史が染みついていて、今日においてもフランチャイズは個人のものという感覚が強い。

 

中小企業の生き残り戦略としてのフランチャイズ加盟

日本において、中小企業の新規事業としてのフランチャイズは、我が前職のベンチャー・リンクの活動によって一気に認知が進んだが、その根本は、
・中小企業の生き残り戦略として

・変化する時代の中における成長事業分野への進出

・本業がありながら、限られた人材資源で、スムースに進出するための手段

としてのFCパッケージになった事業分野への進出が最も効率よく進出できる方法であるという考えであり、「成長戦略」としての新規事業としてのフランチャイズであった。

 

コロナ時代の生き残り戦略

コロナという未曽有の大変化の真っ最中。多くの経営者は、コロナ後の生き残り戦略、成長戦略に関心が高まっている。

そんな中で開催した4回目の「加盟店が主役のフランチャイズ商談会」はZOOMを活用したWEB版開催だったが、今回も非常に多くの喜びの声をいただくこととなった。

 

過去3回の開催は、東京2回、札幌1回であったが、物理的条件によって参加ができなかったり、制約があったが、今回は、東京だろうが九州だろうが、海外にいようが参加できるWEB版開催であったので、その価値は一気に高まった。

 

今後の予定

私どもとしては、このWEB版のフランチャイズ商談会は毎月開催をし、

リアルでの開催は年に4回と計画している。

WEB版は、

6月17日(水)

7月7日(火)

8月4日(火)

リアル版は、9月と11月の開催(場所未定、ご要望の多い地域で)と考えている。

参加者の声

添付の動画は、5月27日に開催されたWEB版の加盟店が主役のフランチャイズ商談会の参加者の声です。

 

2月から続くコロナの関係で お酒関係のお店は相当な痛手を負っておりまして

背筋が寒くなるようなキャッシュアウトも含め

この環境変化に如何に適応するかとビジネスモデルを色々研究したいなというところに

非常に良いタイミングで、いつもプレゼンしてもらって有難いと思っております。

 

 

普段であればエステのお話など聞くことは無いです。

自ら聞きに行こうと思わないです。

もし展示会とかで見に行っても素通りでしょうけど 逆に新鮮で

狭い範囲でしかものを見ていないので 違う角度から、違う業態の話を聞けてすごく良かったし、

これから女性活躍する場で コト消費ではないですが

フランチャイズとしてアリかな?と

 

web会議だからハードルが落とせて参加できたと思うので

初めて参加させていただきましたがスムースでした。

今後の商談会への参加(加盟企業としての参加)はこちらから

http://assentia-hd-5589776.hs-sites.com/franchise-fair-0

FC本部としてのご検討はこちらから

http://assentia-hd-5589776.hs-sites.com/franchise-fair

 


コメントは受け付けていません。


Go Top