郵便局の価値。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Check Clip to Evernote

2009年 11月 3日 (火) 社長ブログ by Akira Tsuchiya

郵便局

全国地方に散らばる郵便局。

民主党に政権交代し、民営化と逆行の様子。

今後どうなるかわ誰にもわからない。

 

久しぶりに実家に帰った。両親ともに高齢で銀行や金融の知識はあまりない。

なぜか郵便局に対する信用は絶大だ。

 

地方都市で高齢者がどんどん増える中、郵便局の位置づけって、もしかして非常に大きいのでないかと思った。

 

このご高齢者にとって郵便局はただの銀行でも、切手を買うところでもない。

いわば、高齢者のファイナンシャルプランナーだ。

 

地元にあり、地元密着でサービスできる心の許せるファイナンシャルプランナー。

 

銀行にはなかなか心許せないけど、郵便局は大丈夫。

こういった高齢者は多いはず。

なぜだろう。

 

数字数字の民間金融機関と違い、ゆったりしている。

働く人がギスギスしていない。(行員さんすいません・・・)

高齢者が感性で心開けるファイナンシャルプランナー。

 

だとしたら郵便局の意義は多いにある。

亀井大臣がここまで考えていたとしたらすごいですが。

 

地方高齢者のお金に関する心のよりどころ。

 

民営化しないとしても、しっかりと理念をかかげて頑張ってほしいと思います。

 

 

アセンティア・ホールディングス
土屋 晃

Assentia Holdings,Inc.
Akira Tsuchiya

 

 

 


タグ: 

コメントは受け付けていません。


Go Top