本当の商品2

このエントリーをはてなブックマークに追加 Check Clip to Evernote

2010年 1月 14日 (木) 社長ブログ by atutiya

アメリカの化粧品メーカー「レブロン」の創業者、チャールズ・レブロンはこう語っている。

「私たちは工場で香水を作っています。しかしお店では希望を売っています。」

自社の商品は何かと問うたときに、コモディティ(商品)が出てくる企業は弱い。

レブロンの売っているのは香水ではなく、女性がもっともっと綺麗になりたいという欲求を叶える

ために、そして女性がもっともっと綺麗になれるという「希望」を売っているのだという。

 

商品を売っている企業もあれば、サービスを売っている企業もある。

いずれにせよ、自社の本当の商品を把握していないとダメだということだ。

 

社員皆が同じように自社の本当の商品は何かを答えられるか?

理念浸透させる上で非常に大事なことなのだと思う。

これはどんな顧客に来てもらいたいのかという企業側のアピールにもなる。

 

便利性を追求し続けてきたコンビニエンスの本当の商品は何か?

 

車メーカーの本当の商品は何か?

 

飲食業の本当の商品は何か?

 

マーケティングの基礎は絞り込み、誰でもみんな来て欲しい、では誰もこない。

行きたくない。。。

 

どんな顧客に来て欲しいのか?

 

これを考えることがマーケティングの始まり。

 

 

アセンティア・ホールディングス

土屋 晃

Assentia Holdings,Inc.

Akira Tsuchiya

 

 

 

 


タグ: 

コメントは受け付けていません。


Go Top