会社の本当の商品はなにか?

このエントリーをはてなブックマークに追加 Check Clip to Evernote

2009年 10月 22日 (木) 社長ブログ by Akira Tsuchiya

サービス業に従事して思うこと。

自分の会社の店舗の本当の商品は何か?

焼肉屋であれば 肉

すし屋であれば 魚

確かにそうだ。そのとおり。

経営者が、役員が、そして社員がこのように考える企業は遠からず潰れる。

自分の会社の本当の商品はなにか?

本質を突き詰めて考えることが大事で、

浅いレベルで考えると先述のような答えになる。

そしてその先にあるものはコモディティ化
(差別化ができず商品の量や価格のみに走ること)

に陥り、値引き合戦、老い先短し。

顧客の側から見た会社の本当の商品は何か?

なにを期待してきているのか?

何に喜ぶのか?

琴線(金銭でなく)に触れるかということだ。

飲食の第一次品質は間違いなく味だ。

だが、それは対的な「味」だ。

商品そのものの絶対的な「味」ではなく、

店舗の雰囲気や従業員が醸し出す気(空気)が混じり合って

創り出す「味」。これが第一次品質だ。

従業員は料理だけでなく雰囲気や空気を加工して

調理しなければならない。

調理とは単に食物の料理だけでない。

雰囲気をどう加工するのか?これも調理だ。

サービス従事者は「気」を調理しよう!!

店舗に入ればすぐわかる。

気のある店舗は気持ちがよい。

気のない店舗は価格だけが気になる。

そう、安いか高いかだけの世界。

自分の会社の本当の商品はなにか?を従業員で考える時間も大切だ。

それが会社の、そして店舗のポリシーになる。

 

 

アセンティア・ホールディングス
土屋 晃

Assentia Holdings,Inc.
Akira Tsuchiya


タグ: 

コメントは受け付けていません。


Go Top