Be Do Have な生き方。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Check Clip to Evernote

2009年 11月 25日 (水) 社長ブログ by Akira Tsuchiya

企業、事業の価値はどれだけ多くの人に役立ったか?

だと教わった。

 

その企業、事業がなくなったときにどれだけ多くの人が悲しむか?

だと教わった。

 

起業のスタンスは千差万別。

・社長になりたい。

・金持ちになりたい。

・有名になりたい。

・自分がほしいというニーズを自分で作りたかった。

・社会貢献のため。

etc

 

多くの企業が生まれては消えていく。

 

永く続いている企業のエッセンスはひとつ。

経営者の生き方へのアプローチが

Be  → Do →   Have

な生き方をしているということだ。

Be      なりたい自分、なりたい状況が 最初にあって

Do     それに向けてアクションを起こしたら

Have   ほしいものが自然に手に入れられた

 

しかし、世間に一番多い人生へのアプローチは、

Have   多くのものを所有していれば

Do    いろんなことができて

Be    幸せになれるはず

 

物欲からスタートするより、なりたい自分、状態をからスタートしたほうが

パワフルだ。

 

自分にとっての

Haveよりも

Do よりも

Be

もっともっと考えてみよう。

 

 

アセンティア・ホールディングス 
土屋 晃

Assentia Holdings,Inc. 
Akira Tsuchiya

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


タグ: 

コメントは受け付けていません。


Go Top