期待 アタリ な人生。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Check Clip to Evernote

2013年 5月 9日 (木) 社長ブログ by atutiya

期待  アタリ  な人生。

そんな行き方が一番良いと思う。

人生もプライベートも、そして仕事も。

 

事前期待に対して事後評価が低ければ、確実に期待 ハズレ になる。

人も、仕事も全てにおいて。

「こんなふうに思っていたのに。。。。あれっ、こんなレベルなの?◯◯企業、〇〇店舗、〇〇さん。。。」

これこそが法人でいうと顧客離れの根源であり、顧客をリークするには一番良い方法だ。

 

思ってたよりも、すごい企業、すごい人、すごいサービス。

で顧客を羽交い絞めにしていく、これこそが大事!!これがリピーターを作る最善方法だ。

飲食店でも、ハードメーカーでも、販促会社でも、食材会社でも、そう。

 

でも往々にして、みな最初に大風呂敷を広げたがる、だからそこにギャップが発生し、それが期待ハズレの根源となる。

 

期待アタリは、事前期待より、事後評価が高い状態ではあるけれど、あえて意図的に事前評価を下げることはしない。

それをすると会社の、そして従業員のモチベーションがどんどん下がっていくし、成長の源泉にならない。。

 

通常の状態の事前期待に対して、それを如何にいい意味でプラスに裏切るか、それが「期待アタリ」だと思う!

 

そのような意味では、店舗のサービス業においても、通常の商品営業においても、また、プライベートな人生においても、同性の友人に対しても、異性の彼女、彼氏に対しても、「期待アタリ」は重要だ。

そこの付加価値がある限り、会社も、人間も離れない。

そこに付加価値がなくなると、一気に周りは離れていく。

 

期待アタリな状態を作り続けるためには、常に自分自身をブラッシュアップして磨き続けないとそうはならない。常に常に。インプットだ。

 

常に自分が、周りに対して、「期待アタリ」の状態でいられるのかということを常に考えていきたい。

 

アセンティア・ホールディングス

土屋

Akira Tsuchiya

 

 

 

 

 


コメントを行う


Go Top